近年、敏感肌の人が増えてきました。
敏感肌とは、あらゆる物質や刺激に過敏に反応して、かゆみやかぶれ、赤みなどの炎症を引き起こしてしまう肌のことです。
敏感肌の原因は様々です。
・遺伝
・ホルモンバランスの異常
・内臓の機能障害
・栄養バランスの乱れ
・ストレス
自分で気をつければ治せるものや、自分の意思では治せないものがありますね。
しかし、敏感肌に共通して言えるのは「セラミド不足」ということです。
セラミド不足により、肌のバリア機能が低下し、炎症などを引き起こしてしまうのです。
こういった方に重要なのはスキンケア選びです。
敏感肌の人はセラミド不足といいましたが、セラミドは肌の水分を保ってくれる働きがあります。
そのため敏感肌の人は「水分不足」になっています。
保水・保湿に重点をおいてスキンケア化粧品を選びましょう。
また、肌に優しいとされている低刺激の化粧品を利用することです。
正しい生活習慣で肌に優しい製品の使用をしていきましょう。